読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルムカメラは飲み物です。

camera contax aria contax T2

フィルムカメラ、飲んでますか?

僕は飲んでます。

 

f:id:inaryu070:20170124200718j:image

 

すごくないですかこれ。

contax ariaなんですよこれ。

ではフィルムカメラの飲み方を解説します。

 

フィルムカメラの飲み方

 

1.原宿にあるリシューというお店にいきます

 

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13005430/top_amp/?client=safari

とんちゃん通りの真ん中らへんにあります。

二階です。

f:id:inaryu070:20170124201311j:image

 

2.店員に書いてほしいフィルムカメラを見せます

 

デジタルカメラでもOKです。

店員が二、三枚スマホで描いてほしいカメラの写真を撮ります。

ちなみにここでラテアートをしているじょーじは結構昔からの友人で僕が初めて行った合コンのメンバーです。

僕が初めて行った(盛り上がらずに女子が一次会で全員帰ってしまい新宿駅前で二度と合コンをしないことを誓った)合コンのメンバーです。

 

じょーじ (@george_10g)さんはTwitterを利用しています

 

フォロワー数にエグ味がある。

僕の知り合いだといっても多分何のサービスもないと思いますがチャレンジしてみてください。

 

3.運ばれてきたフィルムカメラをフィルムカメラと撮ります

 

f:id:inaryu070:20170124202019j:image

すごい!すごくないですか?

f:id:inaryu070:20170124202152j:image

ちなみに以前描いてもらったT2。

すごい。ボキャブラリーの貧困さも含めてすごくないですか?

f:id:inaryu070:20170124202252j:image

ボキャブラリーが貧困な人も飲み物です。

 

4.飲みます

 

黒い方がカメラ、白いほうがコーヒーです。

僕はプラナーからいきました。

開放F1.4の柔らかさを舌で味わいました。

 

 

 

最後になりますがフィルムカメラは飲み物ではありません。

絶対にフィルムカメラを飲まないように皆さんご注意下さい。

フィルムカメラは飲み物ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり教えたくない神奈川螺旋階段5選。

camera NEX5 建築

螺旋階段は好きですか?

ではじまる螺旋階段紹介、神奈川版です。

神奈川版は公共施設多めです。

ちなみに写真は全て5年ほど前のものです。なので現在とは若干違うかもしれません…。

それではどうぞ。

 

山下公園

f:id:inaryu070:20170112124930j:image

言わずと知れた有名スポット山下公園にもさり気なく螺旋階段があります。

マリンタワー近くです。

高さがないので抜けこそありませんが板が貼り合わさったような構造が面白い螺旋階段です。

 

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/details.php?bbid=190

 

菜の花台展望台

f:id:inaryu070:20170112130109j:image

秦野市のヤビツ峠に向かう途中にある展望台です。 

なんといっても木造!そして二重螺旋構造!

とてもフォトジェニックな螺旋階段です。

眺めもとても良いです。

 

http://www.kankou-hadano.org/hadano_point/point_nanohanadai.html

 

箱根彫刻の森美術館

 f:id:inaryu070:20170118163619j:image

箱根彫刻の森の幸せを呼ぶシンフォニー彫刻という塔の内部にあります。

螺旋階段は吹き抜けこそありませんが周りのステンドグラスがとても綺麗です。

作例がイマイチなのしかなくて…申し訳ありません。

 

http://www.hakone-oam.or.jp

 

ウェルタワー

f:id:inaryu070:20170118164502j:image

溝の口駅から徒歩5分ほどのデザイナーズマンションです。

ここは大きな吹き抜けの壁沿いに螺旋階段が配置されています。

下が透けて見えるので登るとちょっと足がすくみます。というか登ることを前提に作られてるのかすら謎です。

しかし見た目は超かっこいいです。

 

 http://www.kkf.co.jp/design/tokyu/welltower/

 

ソリッドスクエア

f:id:inaryu070:20170118165107j:image

ここは本当に誰も撮ってる人を見たことなかったんで教えたくなかったんですが…川崎駅から徒歩5分ほどのところにあります。

高さこそありませんがブルーのガラスと白い天井が美しい螺旋階段です。

実はもう一箇所ありまして、それがこちら。

f:id:inaryu070:20170118165432j:image

ガラスの写り込みも面白いですよね。

 

 

というわけで神奈川螺旋階段をご紹介いたしました。

建築カテゴリの話、ちょいちょい挟んでいけたらいいな…

 

 

 

 

東京、レトロ探訪。

contax aria film pentax67 建築 camera

東京って古いものと新しいものが混在しているところが魅力の一つだと思うんですがいかがでしょ?

現代建築を追いかけながらも古い建築物もそれなりに見てきました。

フィルムを始めるようになってからは意図的に古い建造物を撮るようになった気がします。

それくらい絵にしやすいんですよね。

というわけで個人的にオススメな古い建造物を少し紹介してみたいと思います。

 

 

東京大学本郷キャンパス

 

f:id:inaryu070:20170113124014j:image

本郷三丁目から徒歩8分程度、赤門をくぐり抜けると味のある校舎が立ち並ぶレトロな世界が広がっています。

f:id:inaryu070:20170113124502j:image

f:id:inaryu070:20170115174223j:image

緑も多いので散歩をするにもとても気持ちの良いキャンパスです。

f:id:inaryu070:20170113124911j:image

キャンパス内にある池は通称『三四郎池』 、実は正式名称は池の形が心の形をしてるところから『育徳園心字池』という名前なんだそうです。

本当に心の形をしているか確認してみるのも楽しいかも知れません。(僕は確認してません…)

 

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html

 

江戸東京たてもの園

f:id:inaryu070:20170113125620j:image

小金井公園内にあるこちらは歴史的建造物を移築保存している野外博物館。

上の写真の銭湯は千と千尋の神隠しのモデルになった銭湯です。

その他にも園内には様々な建築があります。

f:id:inaryu070:20170113130607j:image

f:id:inaryu070:20170113130928j:imagef:id:inaryu070:20170113131016j:image

一箇所で色んな雰囲気が味わえる、とってもお得な博物館です。

 

 

銀座界隈(奥野ビル)

f:id:inaryu070:20170115120910j:image

銀座界隈はレトロな建物の宝庫です。

新橋〜有楽町間のJR沿いもレトロな雰囲気がありますし高架下にはインターナショナルアーケードという雰囲気のある通りもあります。(撮影は不可のようです)

 

レトロな建物はたくさんあるのですがその中でも僕が個人的にオススメなのが奥野ビルです。

 外観もレトロ全開、中は手動のエレベーターと他では味わえないレトロ感なんですが個人的なオススメは階段です。

f:id:inaryu070:20170115173404j:imagef:id:inaryu070:20170115173407j:image

この建物、何故か階段が壁一つ隔てたところに隣接しているんです。(写真分かりにくくてスイマセン)

これがパラレルワールドみたいで不思議な感じで僕はお気に入りなんです。

中はギャラリーになっているので展示を覗きながらブラブラするのも楽しいですよ。

 

奥野ビル, 〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目9−8

 

というわけで個人的なオススメをご紹介させていただきました。

皆さんもオススメのレトロスポットがあったら是非教えて下さい!

 

 

 

プリズムの煌めき。吉岡徳仁『スペクトル』

art camera NEX5 iPhone

吉岡徳仁さん、ご存知ですか?

細かい話は置いておいてなにもわからなくても『わあっ…!』てなれる作品を作る方です。(超ざっくり)

その吉岡さんの展示が今日から銀座ではじまるときいて早速見に行ってきました!

 

過去作も素晴らしかった上に撮影可能だったのでまずは過去作品から…

 

f:id:inaryu070:20170113153519j:image

こちらは2010年森美術館のネイチャーセンス展に展示されたsnowという作品です。

白い雪のような羽毛が舞い上がっては降り積もる美しい作品でした。

 

f:id:inaryu070:20170113173933j:imagef:id:inaryu070:20170113173617j:image

 

こちらは2013年に東京都現代美術館で行われた個展のRainbow churchという作品。

カメラは不可のためiPhoneでの撮影です。

 

吉岡徳仁さんの作品の美しさが少しでも伝わったと願って…それでは今回の展示の写真をどうぞ。

 

吉岡徳仁『スペクトル』

 

f:id:inaryu070:20170113172410j:imagef:id:inaryu070:20170113172447j:imagef:id:inaryu070:20170113172455j:imagef:id:inaryu070:20170113172511j:imagef:id:inaryu070:20170113172523j:imagef:id:inaryu070:20170113172437j:imagef:id:inaryu070:20170113172539j:imagef:id:inaryu070:20170113172547j:image

 

 規模的には小さかったのですがとても神秘的な空間でした。

 

中に入って気がついたのですが、カメラを忘れてました。

たまたまカバンに入っていたNEXとiPhoneで撮っただけなので会期中にもう一回、フィルムで撮ってみたい!と思える美しい展示でした。

 

吉岡徳仁さんのスペクトル、会期は1/13〜3/26まで!

銀座は資生堂ギャラリー、入場無料です!

 

 

 

 

感性を刺激するポストロック5選。

music pentax67

ポストロックをご存知ですか?

僕はポストロックが大好きです。

しかもあんまりエモくないやつが。

そしてその傾向は思いっきり写真に反映されてます。

というか写真も音楽も好きな方向性が同じだったという感じです。

ポストロックってどういう音楽なの?と聞かれてもごめんなさい、上手く説明出来ません。

なので曲を紹介します。

今回はポストロックで尚且つ『PVが写欲を掻き立てる』もの(あくまで僕の主観です…)で選んでみました。

割と有名どころを中心にセレクトしてます。

それではどうぞ。

 

Spangle call Lilli line "nano - TK kaleidoscope Remix"

 

 

実はこのバンドのメンバーの1人が写真家の笹原清明さんなのでPVは良いのがとても多かったりします。

こちらはnanoという曲を時雨のTKがリミックスしたやつです。

池の際に立つ女性を引きで撮ったカットが身悶えするほど良いです。

 

BALLOONS - intensity (Full Version)

 

 

昨年解散してしまったballoosから一曲。

balloosはアートワークもとても好きなバンドでした。

 

 

大象體操ElephantGym _ 中途Midway

 

 

台湾からはエレファントジムをご紹介。

このPV、デパートの屋上、堪らなくないですか??

ベースの子も段々可愛くなってきて…来日が楽しみすぎるバンドです。

 

これもオススメ。

 

toe - グッドバイ

 

 

日本のポストロックといえば!のtoeからはこの曲を。

パラパラ漫画みたいで面白いけど何故か寂しい雰囲気が気になるPVです。

ちなみに僕は捨てられたテレビを見ると人を上に立たせたがるのはここがルーツだったりします。

 

f:id:inaryu070:20170112155017j:image

 

mouse on the keys_最後の晩餐

 

 

マキアージュのCMに使われたので聞いたことある方も多いのでは?

煙が充満する中でガスマスクをつけて演奏し続けるPVが印象的です。

 

 

ちなみに

 

当ブログの名前はこちらから拝借しました。

 

 

写欲が全く掻き立てられない… 

 

というわけでポストロック業界の皆様、アー写の撮影依頼お待ちしています!!

本当は教えたくない東京螺旋階段5選。

建築 NEX5

螺旋階段、好きですか?

僕は以前螺旋階段や建築物が大好きでわざわざ北海道までいって螺旋階段を巡ったりしていました。

で、実際螺旋階段ってどこで見れるの?って質問は当時かなりの方から受けました。

(写真に触れずに『これどこですか?』って質問されると返信する気が無くなっちゃいますよね)

というわけで需要があるかはわかりませんが本日は有名どころからちょっとマイナーなところまで、都内の螺旋階段を5つご紹介します。

 

東京文化会館

f:id:inaryu070:20170111105216j:image

上野駅の公園口を出ると目の前にあります。

前川國男設計。

ちょっと前まで工事で入れなかったんですが現在は入れるようになっています。

有名なのは写真の赤い螺旋ですが実はもう一つ関係者入り口側に青い螺旋階段もあります。(通常立ち入れません)

ザ!螺旋階段といった感じで撮りやすく色もインパクトがあってかっこいいです。

※現在は撮影不可になってしまったようです

 

東京文化会館|来場者の皆様へ

 

座・高円寺

f:id:inaryu070:20170111105816j:image

高円寺駅から中央線沿いに中野方面に徒歩5分のところにあります。

伊東豊雄設計。

有名なのは建物内のドットのように照明が配置された大きな螺旋階段なのですが写真的には入り口横の螺旋階段がオススメです。

階段裏に蛍光灯が配置してあるのと四角い吹き抜けに向かって4本の支柱がアルファベットの『X』のように見えるのがかっこいいです。

 

座・高円寺 - 施設のご案内

 

アンスティチュ・フランセ東京

f:id:inaryu070:20170111111809j:image

飯田橋から徒歩7分程度のところにあります。

コルビジェの弟子、坂倉準三設計。

真っ白い空間に三角形に切り取られた個性的な階段です。

構造は二重螺旋階段になってます、二重螺旋構造はかなり珍しいです。

静かで美しい階段です。

 

東京でフランス語学校・教室・講座を探しているならアンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)。日本最大規模のフランス文化センターです。Institut français du Japon - Tokyo

 

 

花みどり文化センター

f:id:inaryu070:20170111115804j:image

立川の昭和記念公園内にあります。

一見わかりにくいですが建物の外、一番奥です。

こちらも伊東豊雄設計。

下から見上げると階段の横側が鮫の歯のように見えてかっこいいです。

色や周りもガチャガチャしてないので撮影しやすい螺旋階段です。

余談ですが螺旋階段を探すコツは設計した人を追いかける、です。

 

花みどり文化センター | 国営昭和記念公園公式ホームページ

 

白丸ダム魚道

f:id:inaryu070:20170111120339j:image

ごめんなさい、東京ですがアクセス悪いです。

車でしか行ったことがないんですが電車だと青梅線鳩ノ巣駅から徒歩10分のようです。

週二日しか開いてないです。(29年の予定表がまだ見つかりませんでした…)

こちらは多摩川を遡ってきた魚を白丸ダムの中へ通すための魚道を見学できる施設です。

巨大なコンクリート施設が好き!という方にオススメです。

とにかくスケールが大きいです、埼玉の地下神殿と言われている首都圏外郭放水路が好きな人、おすすめです。

 

 

 

 

 螺旋階段は見るのも撮るのも面白いです。

工夫して撮る練習にもなりますし構図を決める練習にもうってつけではないでしょうか?

まだネタはあるので需要がありそうだったらまた書きたいと思います。

皆さんからの螺旋階段情報もお待ちしております!

 

改めて考える、contax T2

camera contax T2 film

contaxT2を使い始めて2年が経ちました。

僕がT2を購入したのはコンパクトフィルムブームに火がつき始めた頃だったので当時は3万〜5万くらいでしたが今や10万近くするカメラとなってしまいました。

というわけで本日はcontax T2について簡単に書きますね。

ちなみに僕がT2を購入した経緯はこちらをご覧下さい。

僕と彼女とCONTAX T2というカメラ。 | RECO

 

contax T2はハマると物凄く良く写るカメラですが勿論欠点もあります。

 

僕が思うcontax T2、3つの欠点

  • シャッタースピードが1/500が限界

レンズが開放2.8なのにシャッタースピード優先のため晴れた日中では自動的に絞られてしまうので結果的に開放ボケは期待しにくいです。

勝手に絞られるので2.8に設定しっぱなしでもいいという意味では楽なんですが。

ちなみに絞りを4以上に設定すると絞り優先になります。(僕も今調べて初めて知りました…)

2.8で絞り優先も欲しかった…。

T3は1/1200みたいです。

 

  • 最短撮影距離が70cm

寄れない。まあまあ寄れないです。

まあでもまあまあ寄れないくらいです。

食卓とか撮るには結構厳しめです。

T3は35cmなんで結構寄れます。

 

  • ピントが中抜けする

多くはないですがAFだとたまにあります。

MFすればいいんですが…目測で距離測るのになれてないので自信がありません。

それとガラス越しの被写体とかだとしっかりガラスにピンが合います。

ガラスは何故かわかるみたいです。

※あくまで個人の感想です

 

それでもやっぱりT2は素晴らしい

 

写真見ちゃうと使いたくなるんですよね。

f:id:inaryu070:20170108163532j:image

これなんて最初ARIAで撮った写真がT2のフィルムから出て来たのかと思いました。

賛否はありますがT2の周辺減光についても僕はとても気に入っています。

 

基本50mm画角のレンズをメインで持ち歩いているので広角の欲しい風景でも重宝しています。

というわけで画角でARIAのサブで撮影した写真をピックアップ。

 

f:id:inaryu070:20170108163749j:imagef:id:inaryu070:20170108163818j:imagef:id:inaryu070:20170108163842j:imagef:id:inaryu070:20170108163943j:imagef:id:inaryu070:20170108164009j:imagef:id:inaryu070:20170108165215j:imagef:id:inaryu070:20170108164023j:imagef:id:inaryu070:20170108164526j:imagef:id:inaryu070:20170108165224j:imagef:id:inaryu070:20170108165227j:imagef:id:inaryu070:20170108170058j:imagef:id:inaryu070:20170108170101j:imagef:id:inaryu070:20170108170103j:imagef:id:inaryu070:20170108170107j:image

 

メインとしてもサブとしても優秀なカメラですよね。

コンパクトフィルムカメラは色々ありますが確かにcontax T2は惹きつける何かがあるカメラだなと思わせてくれるカメラです。